サービス

当法人では、野村一晟アンビグラムに関して、以下のサービスを行っております。

①イベントの企画、運営、およびチラシ作成などの広報活動 ゲストとして作者を呼びたいなどのイベント開催のご相談も承ります。

②企業などの営利利用案件の作品作成、使用に関する条件交渉および作者との契約業務。

③グッズ販売や作品貸与等の条件交渉、無許可利用時の改善を求める業務。Tシャツなどの注文はリンクより挑戦.jpを通じてご注文ください。

それ以外につきましては、お問い合わせください。個別の制作依頼につきましては、リンクより、作者ホームページなどを通じてご依頼ください。営利性のあるご依頼は、必ず当法人にご相談ください。

教育支援や文化振興を行う一般社団法人新都心教育開発 野村アートプロモーション(千葉市中央区/代表:吉川弘大 http://issei-nomura.art/)が、『野村一晟 アンビグラムの世界展』を、開催します。「陰と陽」、競艇ポスター「挑戦←→勝利」、「ただいま←→おかえり」、など。“触れられる”展示作品のほか、作者による“即興実演制作”、ワークショップ、トークショーを全国で開催しております。
■「“ただいま”を(上下)反対にすると“おかえり”になる!?」など、一見すると分からない不思議さから、アンビグラムというアートが今、注目を集めています。 ■アンビグラムとは、1970年代アメリカの発祥で、見方を変えると別の言葉になるという新しいアートですが、日本語では難しいとされてきました。そのような中、昨年より「陰と陽」、競艇ポスター「挑戦←→勝利」が、計10万リツイートを超える反響を呼び、「才能と努力」が中学美術科の教科書に掲載されるなど、多方面で注目を集めてきました。 それぞれの作品の言葉に込められた想い、物事への多角的な視点、目の前で作品が作られていく過程など、全てをごゆっくりお楽しみ下さい。

<報道関係者様へ>
格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。現在までに野村作品を扱っていただいた皆様にも、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

【事前告知のご協力について】私共は、千葉にある社会教育機関です。今回は、より多くの皆様へのアンビグラムという文化発信、新進の作者の活躍応援を目的としており、事業は、非営利で行っております。つきましては、皆様の貴重な媒体をお借りして、告知いただければ幸いでございます。その際は、事前にお打ち合わせをさせていただきたく、ご連絡いただければと存じます。誠に勝手なお願いですが、ご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

【イベント当日のインタビュー・取材について】期間中、インタビューは指定箇所で、るべく多くを取材して頂きたいと存じますので、事前にご連絡の上、アポイントメントをお取りください。その他、密着や、特番、特集も、歓迎でございますが、こちらも事前に当法人の許可を得てから行うようお願いいたします。ご入場の際は、受付にてお申し付け下さい。

【お問い合わせ先】(一社) 新都心教育開発 野村一晟アートプロモーション(千葉市中央区松波2-18-8林ビル2階)URL: http://issei-nomura.art/TEL: 0120-394104mail: info@issei-nomura.art